株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Kudan小反発、自社製品が米エヌビディアのプラットフォームで利用可能に  9月17日13時25分

 Kudan<4425.T>が小反発。きょう午後0時30分ごろ、Kudan Lidar SLAM(KdLidar)が、米エヌビディア<NVDA>が提供するロボティクス用途向けのIsaacプラットフォームで利用可能になったと発表しており、これが材料視されているようだ。

 KdLidarは現在、GPU(画像処理半導体)を使用せずCPU(中央演算処理装置)のみで動作する仕様になっているが、今後エヌビディアのGPUにより加速されたバージョンの開発も予定されている。会社側では、エヌビディアとの技術・ビジネス両面での協業を通じて、更なる幅広い潜在顧客へ両社の強みを生かしたソリューションを提供していくとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ツガミが後場上げ幅を拡大、75万株を上限とする自社株買いを実施へ
スマバ動意、子会社One Bright KOBEにNTTドコモが出資
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »