株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル109円50銭近辺、米国、渡航外国人にワクチン接種義務付け  9月21日09時35分

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円50銭台で推移。米ホワイトハウスのジェフ・ザイエンツ・調整官(コロナ担当)は、米国に空路で入国する外国人は、新型コロナワクチンの接種完了の義務付けを発表したとロイターが報じている。施行は11月初旬からとなるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が524.70円安と安値より若干下げ幅を縮小している。経営不安のある、中国恒大集団の先行き不透明感を嫌気して米国市場が下落した流れを引き継ぎ、東京市場も大幅安となっている。また、米投資ファンドのエリオットが、ソフトバンクG<9984>株を売却し5億ドルの利益を得ていたとロイターが報じており、指数に寄与度の高いソフトバンクGの下押し圧力が強まっていることも上値を重くしているもようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »