株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル109円50銭台、日経平均大幅安、ダイハツ、10月は5工場で生産一時停止  9月21日12時01分

午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円50銭台で推移。ダイハツは、東南アジアの新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う、部品不足により10月は5つの自動車工場で稼働を一時停止すると発表した。滋賀の竜王第2工場が1日から13日の停止となるなど幅広い影響が出るもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が601.48円安で午前の取引を終了した。経営不安のある中国恒大集団の先行き不透明感から、幅広い銘柄が売られ、寄り付きから、軟調な展開が続いている。また、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテイリング<9983>、東京エレクトロン<8035>など指数に寄与度の高い銘柄の値下がりが相場の重しとなっているもようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »