株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

HKSが一時S高、商用車のEV化促進に向けたバッテリー交換式EVトラックを研究開発へ◇  9月21日14時15分

 エッチ・ケー・エス<7219.T>が急騰し一時、ストップ高の2342円に買われている。この日、環境省が公募した「令和3年度バッテリー交換式EV開発及び再エネ活用の組み合わせによるセクターカップリング実証事業」に伊藤忠商事<8001.T>を代表企業として応募し、共同実施者として採択されたと発表しており、これが好感されている。

 今回の実証事業は、複数のパートナー企業とバッテリー交換式のEVトラック、それらに搭載するバッテリーパック、バッテリーパック交換ステーションを開発することで商用車のEV化を促進し、物流網の脱炭素化を目指すというもの。HKS及び伊藤忠のほか、いすゞ自動車<7202.T>、JFEエンジニアリング(東京都千代田区)、ファミリーマート(東京都港区)が参画し、開発したトラックをファミリーマートの配送車として運用し、埼玉県の三郷中央定温センターから各ファミリーマート店舗までの走行実証を行うとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
東芝が後場プラスに転じる、自社株2228万690株を9月30日付で消却
日亜鋼業は反落、未定としていた中間配当を4円にすると発表も反応限定的


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »