株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【↓】日経平均 大引け| 続落、中国恒大集団の債務問題などで上値は重い (9月22日)  9月22日16時49分


日経平均株価
始値  29744.73
高値  29868.10(10:31)
安値  29573.88(10:06)
大引け 29639.40(前日比 -200.31 、 -0.67% )

売買高  12億0359万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆8901億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比200円安と続落、上値の重い展開が続く
 2.中国恒大集団の23日利払いは実施の報道で、一時プラス圏に
 3.今晩FOMCの結果発表も、東京市場は明日休場で様子見に
 4.伊藤忠や三井物、三菱商などの大手商社株に売りが膨らむ
 5.郵船や商船三井、川崎汽など海運株には引き続き買いが流入

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは50ドル安と4日続落した。中国恒大集団の懸念経営不安懸念がくすぶるほか、FOMCの結果発表を22日に控えていることもあり、買い一巡後は失速した。

 東京市場では、日経平均株価は続落。中国恒大集団の債務問題などに対する不透明感が強く、上値の重い展開が続いた。

 前日の米株式市場では、NYダウは4日続落。これを受けた東京市場も下落してスタートした。午前10時過ぎに、「中国恒大集団が23日の利払いを実施すると発表した」と伝わると買いが優勢となり、日経平均は一時プラス圏に浮上する場面があった。しかし、恒大集団の社債の利払いは今後も続くことから、買い一巡後は再び下落した。今晩には、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表が予定されているが、東京市場は明日が休場となることもあり様子見姿勢が強く、後場は一進一退が続いた。

 個別銘柄では、レーザーテック<6920>やキーエンス<6861>が安く、トヨタ自動車<7203>やダイキン工業<6367>が値を下げた。三井物産<8031>や伊藤忠商事<8001>、三菱商事<8058>といった商社株が売られた。日本製鉄<5401>やファナック<6954>、SUMCO<3436>が軟調だった。
 半面、ソフトバンクグループ<9984>や任天堂<7974>が高く、日本郵船<9101>や商船三井<9104>、川崎汽船<9107>といった海運株がしっかり。ソニーグループ<6758>やファーストリテイリング<9983>が買われた。東京電力ホールディングス<9501>や日本電子<6951>、東芝<6502>が値を上げた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、SBG <9984> 、第一三共 <4568> 、エーザイ <4523> 、三井不 <8801> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約88円。うち48円はファストリ1銘柄によるもの。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はダイキン <6367> 、ファナック <6954> 、信越化 <4063> 、KDDI <9433> 、キッコマン <2801> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約91円。

 東証33業種のうち上昇は海運業、不動産業、鉱業の3業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)医薬品、(2)その他製品、(3)石油石炭製品、(4)銀行業、(5)情報・通信業。一方、下落率の大きかった5業種は(1)卸売業、(2)食料品、(3)機械、(4)化学、(5)金属製品。

■個別材料株

△ソフトMAX <3671> [東証M]
 「23年1月から処方箋電子化」で関連銘柄として物色。
△ノムラシス <3940>
 電力会社・子会社からロボット(RPA)開発プロジェクトを受注。
△ビザスク <4490> [東証M]
 「専門人材による市場調査代行サービスを開始」との報道。
△日本オラクル <4716>
 DX需要捉え6~8月期営業17%増益と好調。
△大谷工業 <5939> [JQ]
 10万株の自社株を9月30日に消却へ。
△フリュー <6238>
 8月度売上高47%増を好感。
△オーケストラ <6533>
 DX事業の受注好調で21年12月期業績予想を上方修正。
△アイホン <6718>
 第2四半期業績予想と中間配当計画を上方修正。
△ポート <7047> [東証M]
 注文住宅マッチングサイトのタウンライフと相互相客で業務提携。
△シルバライフ <9262>
 タイヘイ社の新たな商品群を受託製造開始。

▼クスリアオキ <3549>
 SMBC日興証券が投資評価を引き下げ。
▼バードマン <7063> [東証M]
 東証による信用規制を嫌気。


 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)井筒屋 <8260> 、(2)オーケストラ <6533> 、(3)ランド <8918> 、(4)ギフト <9279> 、(5)ノムラシス <3940> 、(6)日本オラクル <4716> 、(7)リブセンス <6054> 、(8)三陽商 <8011> 、(9)アイホン <6718> 、(10)シルバライフ <9262> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ブラス <2424> 、(2)クロスキャト <2307> 、(3)キャリインデ <6538> 、(4)スタティアH <3393> 、(5)クロスマーケ <3675> 、(6)東亜DKK <6848> 、(7)ソフトクリエ <3371> 、(8)日精化 <4362> 、(9)石原産 <4028> 、(10)TOW <4767> 。

【大引け】

 日経平均は前日比200.31円(0.67%)安の2万9639.40円。TOPIXは前日比21.00(1.02%)安の2043.55。出来高は概算で12億0359万株。東証1部の値上がり銘柄数は287、値下がり銘柄数は1847となった。日経ジャスダック平均は4043.40円(20.76円安)。

[2021年9月22日]


株探ニュース

【関連ニュース】
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、三ッ星、ミアヘルサが売られる
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、フィット、トレンダが売られる
日経平均22日大引け=続落、200円安の2万9639円


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »