株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三菱UFJなどメガバンクが高い、米長期金利上昇で業績改善期待も◇  9月24日10時02分

 メガバンクが高い。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が続伸し、今年3月につけた年初来高値660円30銭を半年ぶりに更新したほか、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が値を上げている。23日の米10年債利回りは前日比0.124%高い1.433%に上昇した。22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では11月にもテーパリング(量的緩和縮小)の開始を決定することが示唆されたことから、足もとで米長期金利は上昇している。これを受け、長短金利差拡大による業績改善期待が膨らみ、日本の大手銀行株にも見直し買いが膨らんでいる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=ジーエヌアイ、黒字バイオベンチャーとして評価
24日韓国・KOSPI=寄り付き3140.73(+13.15)
スタメンが大幅3日続伸、MTIと提携し「music.jpオンラインサロン」へサービス提供◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »