株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=561円高、買い膨らみ全面高に  9月24日11時49分

 24日前引けの日経平均株価は22日終値に比べ561円49銭高の3万200円89銭。前場の東証1部の売買高概算は7億2675万株、売買代金は約1兆7799億円。値上がり銘柄数は2064、値下がり銘柄数は90、変わらずは32銘柄だった。

 日経平均株価は急伸。東京市場は23日が休場だったが、休み中にNYダウが大幅高となったことを好感する買いが流入。この間、中国恒大集団が人民元建て債の利払いを実施することを表明したほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)では11月にもテーパリング(量的緩和縮小)の開始を決定することが示唆されたが、利上げには時間があるとの見方が強まったことも米株高の要因となった。これを受けた、この日の東京市場で日経平均株価は一時600円を超す上昇となり、3万円台を回復している。為替の円安も進み、東証1部上場銘柄の9割強が上昇する全面高となっている。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984.T>やソニーグループ<6758.T>、レーザーテック<6920.T>が高く、日本郵船<9101.T>や川崎汽船<9107.T>など海運株が大幅高。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>など銀行株も値を上げている。半面、信越化学工業<4063.T>やJR西日本<9021.T>、第一三共<4568.T>が値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三菱UFJなどメガバンクが高い、米長期金利上昇で業績改善期待も◇
東京株式(寄り付き)=大幅高、NYダウ上昇を受け3万円台を回復
24日=シンガポール・日経平均先物寄り付き3万0125円(+225円)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »