株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「植物工場」が24位にランク、野菜価格高騰で引き合い強まる<注目テーマ>  9月24日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 パワー半導体
3 半導体
4 日経中国関連株50
5 脱炭素
6 人工知能
7 海運
8 アンモニア
9 再生可能エネルギー
10 中国関連

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「植物工場」が今月中旬ごろから上昇し、この日は24位にランクしている。

 背景には、野菜価格の高騰がある。長雨など全国的な夏の天候不順が要因とされ、9月に入ってからは日本付近に前線が停滞する日が多くなり、中旬までは地域によっては日照時間が平年と比べて30%から40%少ないところもあり低温も続いた。これを受けて北海道や長野県を中心とした大規模産地の収穫量減が響き、8月下旬から特にレタスなどの葉物類やジャガイモの高値が目立つようになっている。

 農林水産省の食品価格動向調査によると、9月13~15日の野菜の全国平均価格は平年比でレタスが74%増、ジャガイモが14%増、キュウリが10%増となっている。調査対象の8品目(キャベツ、ネギ、レタス、ジャガイモ、タマネギ、キュウリ、トマト、ニンジン)のほかにも、ほうれん草や白菜なども高値が続いており、家計やコロナ禍で厳しい状況にある飲食店を直撃している。

 こうしたなか、天候に左右されずに、LED照明などで人工的に野菜を栽培する植物工場への需要が一気に高まっている。価格が安定しているカット野菜や植物工場産の野菜がさまざまな場所で取扱量を増やしているという。野菜価格の高騰が当面続くとみられるなか、植物工場への引き合いも更に強まるとみられ、株式市場でも「植物工場」テーマへの関心が続きそうだ。

 この日の関連銘柄では、全般市場の上昇もあって高いものが目立ち、ホクト<1379.T>、キユーピー<2809.T>、カゴメ<2811.T>などが買われている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にトミタ電機
東京株式(前引け)=561円高、買い膨らみ全面高に
<動意株・24日>(前引け)=国際紙パルプ、ラクオリア、古野電


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »