株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 KADOKAWA、川崎汽船、日本オラクルなど  9月25日07時15分

銘柄名<コード>24日終値⇒前日比
KADOKAWA<9468> 6060 +330
特段材料ないものの、好業績銘柄として上昇トレンド継続で上場来高値更新。

FOOD & LIFE COMPANIES<3563> 5180 +250
直近の下落率大きく買い戻し優勢、経済活動再開を見越した動きも加わったか。

マツダ<7261> 961 +37
地合い好転に加え、対ドルでの円安進展が追い風に。

インターネットイニシアティブ<3774> 4250 +290
みずほ証券は投資判断「買い」継続で、目標株価を4820円へ引き上げ。

国際紙パルプ商事<9274> 397 +56
バイオマス発電所運転支援システム利用契約締結。

古野電気<6814> 1289 +155
業績・配当予想の上方修正を発表。

安永<7271> 1285 +117
パワー半導体関連の一角として関心が高まる。

旭ダイヤモンド工業<6140> 714 +85
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格上げ。

乾汽船<9308> 2848 +292
海運株高で中小型関連株にも関心向かう。

オープンドア<3926> 2498 +215
新型コロナ感染者数減少傾向に伴う経済活動の再開期待で。

川崎汽船<9107> 8380 +830
海運株高の流れに乗る形へ。

ペッパーフードサービス<3053> 384 +28
松屋の値上げなどが刺激材料か。

藤倉コンポジット<5121> 862 +65
新規材料観測されないが収益急拡大評価の上値追い続く。

日本オラクル<4716> 10770 +860
岩井コスモ証券では投資判断を格上げ。

明治海運<9115> 884 +36
海運株全面高の流れに乗る形へ。

日本郵船<9101> 10990 +820
バルチック指数上昇などで海運株に買い優勢。

名村造船所<7014> 259 +24
海運株高の流れが波及へ。

東洋証券<8614> 178 +12
値頃感の強い証券株として相場の活況を材料視。

ジェイリース<7187> 2176 +157
足元では京阪電鉄不動産との業務提携など発表。

NSユナイテッド海運<9110> 5300 +325
バルチック指数の上昇が買い手掛かりに。

石原産業<4028> 1330 +88
22日に大幅安の反動から押し目買い優勢。

OKK<6205> 328 -80
有価証券報告書などの提出遅延で監理銘柄に指定。

井筒屋<8260> 304 -43
連日の株価急伸に過熱警戒感強まる。

シンプレクス・ホールディングス<4373> 1960 -100
22日に新規上場でストップ高、利食い売り優勢に。

サインポスト<3996> 1342 -42
信用規制の強化などが弱材料視される。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »