株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:反落、サービス、小売りが下支え、25日線の維持が争点  9月27日08時20分

本日のマザーズ先物は反落が予想される。24日の米国株式市場は、金利の上昇や中国恒大のドル建て社債利払いの行方に警戒感がくすぶり、寄り付き後、下落。しかし、恒大危機の世界金融市場への影響は限定されるとの見方が根強く、下値も限定的となった。8月新築住宅販売件数が予想を上回ったため、押し目からは景気循環株の買いも目立ち、ダウは上昇、ナスダックは下落した。本日のマザーズ先物は、米ナスダックやナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、反落でのスタートが予想される。国内では新型コロナ感染者の減少傾向が続いており、10月より緊急事態宣言が解除されるとの見方から、サービス、小売り関連業などが強含みし相場を下支えすることが期待される。一方で、時価総額上位銘柄のメルカリ<4385>など在宅関連銘柄は上値の重い値動きとなりそうだ。日足チャートでは、25日線の維持が争点となりそうだ。本日の上値のメドは1170.0pt、下値のメドは1110.0ptとする。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »