株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

レーザーテックが強さ発揮、米半導体関連が上昇一服も円安追い風  9月27日09時12分

 レーザーテック<6920.T>が続伸、5日移動平均線を絡め強調展開にある。世界的な半導体需給の逼迫を背景に半導体関連株への物色ニーズは引き続き強いものの、前週末の米国株市場ではエヌビディア<NVDA>やアドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD> など半導体関連の一角が軟調でフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も小幅ながらマイナス圏で着地、上昇一服となった。東京市場でも、先駆して買われた半導体主力株には利益確定売り圧力が意識されやすいタイミングにあるが、足もと外国為替市場で円安に振れていることは株価の下支え材料となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ジーダットはカイ気配スタート、海外企業から「SX-Meister」の大型案件を受注
ヤマウHDがカイ気配スタート、コンクリート製品の出荷前倒し貢献し上期業績予想を上方修正
ホトニクスが大幅続伸、21年9月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »