株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新日本建が反落、22年3月期見通し下方修正  9月27日10時42分

 新日本建設<1879.T>が反落。前週末24日の取引終了後、22年3月期業績予想の下方修正を発表。売上高を1200億円から1100億円(前期比8.1%増)へ、営業利益を148億円から143億円(同2.8%増)へ減額しており、これが嫌気されているようだ。

 首都圏を中心に総合建設業を手掛ける冨士工(東京都中央区)の子会社化に向けて株式譲渡契約を締結し手続きを進めていたが、これを合意解除することに伴い通期見通しを見直した。会社側では、冨士工を子会社化した後の経営方針及び営業展開など主要な点で相違点が顕在化したためとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 09月27日 10時
しまむらが3日続伸、9月既存店売上高7.0%増で2カ月ぶり前年上回る
JAL、ANAHDに短期資金流入、「空運」は業種別値上がり率トップ◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »