株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比375円安の29305円~ 10月01日07時46分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ソニーG<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士通<6702>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル111.28円換算)で全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比375円安の29305円。

米国株式市場は大幅下落。ダウ平均は546.80ドル安の33843.92ドル、ナスダックは63.86ポイント安の14448.58で取引を終了した。週次失業保険申件数が予想外に増加したほか、与野党が債務上限の引き上げで合意できず、政府機関閉鎖に陥る可能性が警戒され寄り付き後、下落。下院公聴会においてイエレン財務長官やパウエルFRB議長が債務上限が引き上げられなければ深刻な事態をもたらすと再度警告したため投資家心理がさらに悪化し、下げ幅を大きく拡大した。引けにかけ、上下院が暫定予算案を可決し府機関閉鎖が回避されたが月末・四半期要因で一段安となった。

30日のニューヨーク外為市場でドル・円は112円01銭から111円24銭まで下落し、111円27銭で引けた。先週分新規失業保険申請件数は予想外に増加したほか、9月シカゴ購買部協会景気指数が予想以上に悪化し、金利が低下に転じドル売りが優勢となった。イエレン米財務長官やパウエルFRB議長が「債務上限の引き上げがなければ壊滅的」と警告すると株安に連れリスク回避の円買いに拍車がかかった。つなぎ予算が可決されたことで連邦政府機関の一部閉鎖は回避される見通しとなったが、ドルの上値は重いままだった。ユーロ・ドルは1.1598ドルまで上昇後、1.1563ドルまで反落し、1.1578ドルで引けた。

NY原油先物11月限は小幅高(NYMEX原油11月限終値:75.03 ↑0.20)。


■ADR上昇率上位銘柄(30日)
<1812> 鹿島 13.25ドル 1474円 (32円) +2.22%
<5802> 住友電 13.73ドル 1528円 (32円) +2.14%
<6479> ミネベア 52.48ドル 2920円 (56円) +1.96%
<8309> 三井トラスト 3.53ドル 3928円 (71円) +1.84%
<7012> 川重 9.5ドル 2643円 (36円) +1.38%


■ADR下落率上位銘柄(30日)
<6839> 船井電機 1.5ドル 835円 (-83円) -9.04%
<7974> 任天堂 59.25ドル 52747円 (-1563円) -2.88%
<6753> シャープ 3.1ドル 1380円 (-37円) -2.61%
<6361> 荏原 24.34ドル 5417円 (-133円) -2.4%
<5631> 日製鋼 12.8ドル 2848円 (-69円) -2.37%


■その他ADR銘柄(30日)
<1925> 大和ハウス 33.22ドル 3697円 (-42円)
<1928> 積水ハウス 21.08ドル 2346円 (-5.5円)
<2503> キリン 18.71ドル 2082円 (7円)
<2802> 味の素 29.7ドル 3305円 (-1円)
<3402> 東レ 12.78ドル 711円 (-5.2円)
<3407> 旭化成 21.5ドル 1196円 (-0.5円)
<4523> エーザイ 75.5ドル 8402円 (6円)
<4901> 富士フイルム 86.13ドル 9585円 (-54円)
<4911> 資生堂 67.51ドル 7513円 (-24円)
<5108> ブリヂストン 23.72ドル 5279円 (-27円)
<5201> AGC 10.28ドル 5723円 (-57円)
<5802> 住友電 13.73ドル 1528円 (32円)
<6301> コマツ 24ドル 2671円 (-24円)
<6479> ミネベア 52.48ドル 2920円 (56円)
<6503> 三菱電 27.9ドル 1552円 (-5円)
<6586> マキタ 55.23ドル 6146円 (-4円)
<6645> オムロン 98.5ドル 10961円 (-139円)
<6702> 富士通 36.3ドル 20197円 (-113円)
<6723> ルネサス 6.21ドル 1382円 (-14円)
<6758> ソニーG 110.58ドル 12305円 (-150円)
<6762> TDK 108.54ドル 4026円 (-19円)
<6902> デンソー 32.79ドル 7298円 (-47円)
<6954> ファナック 22.05ドル 24537円 (-28円)
<6988> 日東電 35.65ドル 7934円 (-46円)
<7201> 日産自 10ドル 556円 (-6.1円)
<7202> いすゞ 13.14ドル 1462円 (-11円)
<7203> トヨタ 177.75ドル 1978円 (-22円)
<7267> ホンダ 30.67ドル 3413円 (-42円)
<7270> SUBARU 9.25ドル 2059円 (-19.5円)
<7733> オリンパス 22ドル 2448円 (-8.5円)
<7741> HOYA 156.82ドル 17451円 (-24円)
<7751> キヤノン 24.38ドル 2713円 (-27.5円)
<7974> 任天堂 59.25ドル 52747円 (-1563円)
<8001> 伊藤忠 58.73ドル 3268円 (-9円)
<8002> 丸紅 84.63ドル 942円 (8.8円)
<8031> 三井物 440.49ドル 2451円 (-13円)
<8053> 住友商 14.13ドル 1572円 (-9.5円)
<8267> イオン 26.46ドル 2945円 (5円)
<8306> 三菱UFJ 5.93ドル 660円 (2.1円)
<8309> 三井トラスト 3.53ドル 3928円 (71円)
<8316> 三井住友 7.01ドル 3900円 (-44円)
<8411> みずほFG 2.84ドル 1580円 (-4.5円)
<8591> オリックス 94.52ドル 2104円 (-6円)
<8604> 野村HD 4.94ドル 550円 (-3.6円)
<8766> 東京海上HD 53.96ドル 6005円 (-16円)
<8802> 菱地所 15.87ドル 1766円 (-14.5円)
<9432> NTT 27.76ドル 3089円 (4円)
<9735> セコム 18.07ドル 8043円 (-60円)
<9983> ファーストリテイ 73.87ドル 82203円 (-277円)
<9984> ソフトバンクG 29.04ドル 6463円 (-17円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »