株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

西武HDは反落、事業環境が想定より悪化し上期業績は計画下振れ 10月01日10時17分

 西武ホールディングス<9024.T>は反落している。9月30日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、売上高を2200億円から1940億円(前年同期比25.2%増)へ、営業損益を30億円の黒字から50億円の赤字(前年同期306億9000万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気されている。

 度重なる緊急事態宣言の発出やその長期化、東京オリンピック・パラリンピックの無観客による開催などで従来予想よりも事業環境が悪化し、都市交通・沿線事業やホテル・レジャー事業が想定を下回ったことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
富士ソSBは全般地合い悪のなかで底値離脱鮮明に、マイナンバーで商機
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
<注目銘柄>=ジェイエイシ、信用売り長で取り組み妙味も


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »