株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヤマシタHD反発、第1四半期営業益3.1倍で通期計画進捗率37% 10月01日11時17分

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265.T>が反発している。同社は9月30日取引終了後に、22年5月期第1四半期(6~8月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比3.1倍の2億200万円となり、通期計画5億4200万円に対する進捗率は37.3%となった。

 会計基準を変更した影響で売上高は128億8500万円(前年同期は155億2800万円)となったが、従来の方法では前年同期比7.9%増の167億5500万円。主力の医療機器販売業で、急性期医療機関向けの画像診断機器や手術室関連機器などの高度医療機器、内視鏡関連製品などの低侵襲治療機器の売り上げが伸長したことが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Genkyが反発、9月既存店売上高4カ月連続で前年実績を上回る
グローセルは3日続落、22年3月期は一転最終赤字も営業利益見通しは引き上げ
債券:先物、前場終値は前営業日比27銭高の151円64銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »