株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:コスモス薬品や第一三共などに注目 10月04日09時09分

先週末10月1日の米国市場では、NYダウが482.54ドル高の34326.46、ナスダック総合指数が118.12pt高の14566.70、シカゴ日経225先物が大阪日中比230円高の29050円。週明け4日早朝の為替は1ドル=110.90-00円(先週末午後3時は111.19円)。本日の東京市場では、米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス治療薬への期待に加え、9月のISM製造業景況指数が予想外に改善したことで、景気循環株を中心に大幅に上昇した米国市場の動向を映し、信越化学<4063>、クボタ<6326>、CKD<6407>、日本製鉄<5401>
など幅広い景気循環セクターを中心に反発が予想される。また、日経平均への組み入れトレード終了で下げのきつかった任天堂<7974>、キーエンス<6861>、村田製<6981>
も反動高が想定されよう。そのほか、10月に入って緊急事態宣言が解除され、旅行などの予約件数は大幅に増えていると伝わっている。そのため、ANAHD<9202>、JR東日本
<9020>、オープンドア<3926>などのリオープン(経済活動再開)銘柄にも引き続き関心が集まりそうだ。なお、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたコスモス薬品<3349>、TIS<3626>、第一三共<4568>、ステムリム<4599>、ヤマハ発動機<7272>、ネットワンシステムズ<7518>、西武HD<9024>、NTT<9432>などにも注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »