株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Gunosyが大幅反落、国内大手証券が投資評価を引き下げ 10月04日14時49分

 Gunosy<6047.T>が大幅反落している。SMBC日興証券が1日付で投資評価を「1」から「2」とし、目標株価を1100円から900円へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 同証券では、主力のグノシーのMAU(月間アクティブユーザー)の下げ止まりやauサービスTodayの業績貢献など明るい兆しもみられるとする一方、グノシー再成長に向けた広告費宣伝投資による利益水準の低下が株価の重石となる懸念や、目標株価までの上昇余地がセクター中央値を若干下回る水準となることから投資評価を引き下げたという。また、広告宣伝費などの費用増を織り込み、22年5月期の営業利益予想を7億3000万円から3億5000万円へ、23年5月期を同9億8000万円から5億9000万円へ引き下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位に象印
ワークマンが大幅続落、9月既存店売上高は2カ月ぶり前年上回るも小幅増にとどまる
<個人投資家の予想> 10月04日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »