株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ソニーGなど全般堅調、シカゴは大阪比435円高の28175円~ 10月06日07時41分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、資生堂<4911>、オムロン<6645>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル111.47円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比435円高の28175円。

米国株式市場は反発。ダウ平均は311.75ドル高の34314.67ドル、ナスダックは178.35ポイント高の14433.83で取引を終了した。良好な9月ISM非製造業景況指数の結果を受け、景気回復期待が再燃し寄り付き後、上昇。その後、バイデン大統領の経済政策課題の多くを盛り込む税制・支出法案を巡り反対姿勢を示していた民主党穏健派のマンチン上院議員が規模で妥協する姿勢を示すと、上昇幅が拡大。ハイテク株の買いも再開した。

5日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円14銭から111円56銭まで上昇し、111円50銭で引けた。9月米PMI改定値は速報値から上方修正されたほか、9月ISM非製造業景況指数は上昇し、景気回復への期待で長期金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1581ドルまで下落後、1.1613ドルまで反発し、1.1595ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は景気回復の軌道にあるとしながらも、「インフレは一過性のもので、供給やエネルギー不足に過剰に反応すべきではない」と慎重な姿勢を示し、上値は抑制された。

NY原油先物11月限は続伸(NYMEX原油11月限終値:78.93 ↑1.31)。


■ADR上昇率上位銘柄(5日)
<1812> 鹿島 13.48ドル 1503円 (52円) +3.58%
<6952> カシオ 158.5ドル 1767円 (48円) +2.79%
<8309> 三井トラスト 3.5ドル 3898円 (104円) +2.74%
<9202> ANA 5.34ドル 2976円 (78.5円) +2.71%
<5802> 住友電 13.49ドル 1504円 (38.5円) +2.63%


■ADR下落率上位銘柄(5日)
<5801> 古河電 10.4ドル 2319円 (-62円) -2.6%
<3401> 帝人 13.6ドル 1516円 (-34円) -2.19%
<6460> セガサミーHD 3.39ドル 1512円 (-24円) -1.56%
<6753> シャープ 2.96ドル 1320円 (-20円) -1.49%
<6479> ミネベア 46.17ドル 2573円 (-34円) -1.3%


■その他ADR銘柄(5日)
<1925> 大和ハウス 32.94ドル 3672円 (59円)
<1928> 積水ハウス 20.67ドル 2304円 (30円)
<2503> キリン 18.87ドル 2103円 (12.5円)
<2802> 味の素 28.4ドル 3166円 (8円)
<3402> 東レ 12.8ドル 713円 (8円)
<3407> 旭化成 20.67ドル 1152円 (14.5円)
<4523> エーザイ 72.47ドル 8078円 (59円)
<4901> 富士フイルム 79.34ドル 8844円 (98円)
<4911> 資生堂 68.15ドル 7597円 (107円)
<5108> ブリヂストン 23.3ドル 5195円 (68円)
<5201> AGC 9.68ドル 5398円 (38円)
<5802> 住友電 13.49ドル 1504円 (38.5円)
<6301> コマツ 23.47ドル 2616円 (30.5円)
<6503> 三菱電 26.59ドル 1482円 (18円)
<6586> マキタ 51.5ドル 5741円 (71円)
<6645> オムロン 92.18ドル 10275円 (195円)
<6702> 富士通 34.86ドル 19429円 (179円)
<6723> ルネサス 5.85ドル 1305円 (23円)
<6758> ソニーG 106.71ドル 11895円 (110円)
<6762> TDK 99.9ドル 3712円 (52円)
<6902> デンソー 32.74ドル 7299円 (144円)
<6954> ファナック 20.5ドル 22851円 (351円)
<6988> 日東電 33.9ドル 7558円 (78円)
<7201> 日産自 10.05ドル 560円 (7.7円)
<7202> いすゞ 13.1ドル 1460円 (7円)
<7203> トヨタ 172.14ドル 1919円 (17円)
<7267> ホンダ 30.56ドル 3407円 (-5円)
<7270> SUBARU 9.28ドル 2069円 (17円)
<7733> オリンパス 21.3ドル 2374円 (38.5円)
<7741> HOYA 145.29ドル 16195円 (215円)
<7751> キヤノン 23.79ドル 2652円 (30.5円)
<7974> 任天堂 54.6ドル 48690円 (250円)
<8001> 伊藤忠 57.2ドル 3188円 (37円)
<8002> 丸紅 83.53ドル 931円 (14.5円)
<8031> 三井物 443.02ドル 2469円 (49円)
<8053> 住友商 14.09ドル 1571円 (16円)
<8267> イオン 25.15ドル 2803円 (1.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.82ドル 649円 (14.3円)
<8309> 三井トラスト 3.5ドル 3898円 (104円)
<8316> 三井住友 6.98ドル 3890円 (41円)
<8411> みずほFG 2.79ドル 1555円 (8円)
<8591> オリックス 96.95ドル 2161円 (34円)
<8604> 野村HD 4.94ドル 551円 (8.1円)
<8766> 東京海上HD 53.95ドル 6014円 (74円)
<8802> 菱地所 15.78ドル 1758円 (19円)
<9202> ANA 5.34ドル 2976円 (78.5円)
<9432> NTT 28ドル 3121円 (22円)
<9735> セコム 17.8ドル 7937円 (34円)
<9983> ファーストリテイ 66.27ドル 73871円 (1021円)
<9984> ソフトバンクG 27.65ドル 6164円 (137円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »