株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比45円安の28075円~ 10月11日07時57分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、資生堂<4911>が堅調。半面、ファナック<6954>、任天堂<7974>、富士通<6702>、オムロン<6645>が冴えないなど、対東証比較(1ドル112.24円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の28075円。

ダウ平均は8.69ドル安の34,746.25ドル、ナスダックは74.48ポイント安の14,579.54で取引を終了した。9月雇用統計で雇用の伸びが2カ月連続で予想を大幅に下回ったため失望感から、寄り付き後、下落。ただ、債務不履行懸念が後退したため押し目からは景気循環株の買いが再燃し、ダウは一時上昇に転じる局面もあった。しかし、金利先高感などが重しとなり買いが続かず結局、下落で終了。

8日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円51銭まで下落後、112円25銭まで上昇し、112円24銭で引けた。米雇用統計で雇用者数の伸びが2カ月連続で予想を大幅に下回ったため一時ドル売りが強まったが、FRBが年内に資産購入縮小を開始する軌道に変更なしとの見方に金利が再び上昇に転じドル買いが再燃した。ドル・円は2019年4月以来の高値をつけた。米金利先物市場で2022年12月の利上げを織り込んだため、ドル買いが強まった。ユーロ・ドルは1.1586ドルまで上昇後、1.1556ドルまで反落して1.1572ドルで引けた。

8日のNY原油先物11月限は続伸(NYMEX原油11月限終値:79.35 ↑1.05)。


■ADR上昇率上位銘柄(8日)
<5486> 日立金 198.48ドル 2228円 (78円) +3.63%
<9202> ANA 4.95ドル 2778円 (59円) +2.17%
<6758> ソニーG 107.49ドル 12065円 (205円) +1.73%
<8309> 三井トラスト 3.475ドル 3900円 (61円) +1.59%
<7201> 日産自 9.69ドル 544円 (8.1円) +1.51%


■ADR下落率上位銘柄(8日)
<1812> 鹿島 12.8ドル 1437円 (-20円) -1.37%
<6753> シャープ 2.97ドル 1333円 (-18円) -1.33%
<6952> カシオ 145.675ドル 1635円 (-14円) -0.85%
<6460> セガサミーHD 3.452ドル 1550円 (-12円) -0.77%
<6361> 荏原 25.22ドル 5661円 (-29円) -0.51%


■その他ADR銘柄(8日)
<1925> 大和ハウス 32.9ドル 3693円 (17円)
<1928> 積水ハウス 20.95ドル 2351円 (10円)
<2503> キリン 18.58ドル 2085円 (5円)
<2802> 味の素 28.87ドル 3240円 (2円)
<3402> 東レ 12.695ドル 712円 (-1.5円)
<3407> 旭化成 20.59ドル 1156円 (3.5円)
<4523> エーザイ 72.14ドル 8097円 (10円)
<4901> 富士フイルム 77.59ドル 8709円 (8円)
<4911> 資生堂 70.1775ドル 7877円 (56円)
<5108> ブリヂストン 23.05ドル 5174円 (8円)
<5201> AGC 9.92ドル 5567円 (-3円)
<5486> 日立金 198.48ドル 2228円 (78円)
<6301> コマツ 23.62ドル 2651円 (7円)
<6503> 三菱電 26.92ドル 1511円 (2円)
<6586> マキタ 50.54ドル 5673円 (23円)
<6645> オムロン 90.6ドル 10169円 (-21円)
<6702> 富士通 34.83ドル 19547円 (-73円)
<6723> ルネサス 5.85ドル 1313円 (2円)
<6758> ソニーG 107.49ドル 12065円 (205円)
<6762> TDK 97.92ドル 3664円 (19円)
<6902> デンソー 32.71ドル 7343円 (39円)
<6954> ファナック 20.144ドル 22610円 (-15円)
<6988> 日東電 33.39ドル 7495円 (-5円)
<7201> 日産自 9.69ドル 544円 (8.1円)
<7202> いすゞ 13.32ドル 1495円 (10円)
<7203> トヨタ 171.97ドル 1930円 (7円)
<7267> ホンダ 30.35ドル 3406円 (36円)
<7270> SUBARU 9.25ドル 2076円 (-10円)
<7733> オリンパス 20.76ドル 2330円 (1円)
<7741> HOYA 147.715ドル 16580円 (80円)
<7751> キヤノン 24.08ドル 2703円 (-4円)
<7974> 任天堂 56.36ドル 50607円 (-33円)
<8001> 伊藤忠 57.6ドル 3233円 (5円)
<8002> 丸紅 83.025ドル 932円 (6.3円)
<8031> 三井物 445.34ドル 2499円 (9円)
<8053> 住友商 14.02ドル 1574円 (-1円)
<8267> イオン 23.7ドル 2660円 (-1.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.86ドル 658円 (7.2円)
<8309> 三井トラスト 3.475ドル 3900円 (61円)
<8316> 三井住友 6.95ドル 3900円 (22円)
<8411> みずほFG 2.81ドル 1577円 (7.5円)
<8591> オリックス 95.02ドル 2133円 (17.5円)
<8604> 野村HD 4.89ドル 549円 (3.7円)
<8766> 東京海上HD 54.035ドル 6065円 (22円)
<8802> 菱地所 15.32ドル 1720円 (5円)
<9202> ANA 4.95ドル 2778円 (59円)
<9432> NTT 27.84ドル 3125円 (4円)
<9735> セコム 17.88ドル 8027円 (-11円)
<9983> ファーストリテイ 64.79ドル 72720円 (240円)
<9984> ソフトバンクG 27.5ドル 6173円 (55円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »