株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅に3日続伸、ファーストリテ1銘柄で約61円押し上げ 10月11日12時28分

11日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり199銘柄、値下がり23銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は3日続伸。440.01円高の28488.95円(出来高概算6億4963万株)で前場の取引を終えている。8日の米株式市場でのNYダウは8.69ドル安(-0.02%)と小幅反落。9月雇用統計での雇用者数の伸びが19.4万人増と市場予想(50万人増)を大きく下回ったことで、労働市場の回復鈍化が懸念された。一方、平均賃金の伸びは前月比0.6%増と4月以来の伸びとなり、市場予想も上回った。インフレ加速が懸念されるなか、米10年国債利回りが4カ月ぶりに1.6%台にまで上昇したこともあり、ナスダック総合指数も0.5%安と反落した。金利高や米株安の流れを受け、週明けの日経平均は71.37円安の27977.57円でスタート。ただ、1ドル112円台まで進んだ円安や、週末の岸田首相の「(金融所得課税引き上げについては)当面触ることは考えていない」とした発言が投資家心理の改善につながり、売りが一巡すると、急速に値戻しが進んだ。プラス転換してからは一気に上げ幅を拡げ、その後も断続的な買い戻しが進み、前場中頃には28500円を回復した。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約104円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはパナソニック<6752>で6.71%高、同2位はネクソン<3659>で6.38%高だった。パナソニックは、国内証券による投資判断の格上げが観測されている。

一方、値下がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位は資生堂<4911>となり、2銘柄で日経平均を約4円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは清水建設<1803>で1.39%安、同2位は東京瓦斯<9531>で1.21%安だった。


*11:30現在


日経平均株価  28488.95(+440.01)

値上がり銘柄数 199(寄与度+450.23)
値下がり銘柄数  23(寄与度-10.22)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    74230    1750 +61.68
<9984> ソフトバンクG     6320     202 +42.72
<6098> リクルートHD      7101     231 +24.42
<6954> ファナック       23195     570 +20.09
<4063> 信越化         19095     510 +17.97
<6367> ダイキン        24455     495 +17.45
<6758> ソニーG         12325     465 +16.39
<7203> トヨタ          1973     50 +8.81
<4901> 富士フイルム      8938     237 +8.35
<4568> 第一三共         2977    76.5 +8.09
<3659> ネクソン         1883     113 +7.97
<6988> 日東電          7700     200 +7.05
<6902> デンソー         7504     200 +7.05
<6762> TDK            3710     65 +6.87
<7951> ヤマハ          6940     190 +6.70
<9613> NTTデータ        2130     37 +6.52
<4507> 塩野義          7546     168 +5.92
<6971> 京セラ          6708     81 +5.71
<6861> キーエンス       65860    1590 +5.60
<7267> ホンダ          3448     78 +5.50

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9433> KDDI           3658     -12 -2.54
<4911> 資生堂          7759     -62 -2.19
<4523> エーザイ         8039     -48 -1.69
<6506> 安川電          5150     -20 -0.70
<4324> 電通G           4190     -15 -0.53
<1803> 清水建           852     -12 -0.42
<9432> NTT            3101     -20 -0.28
<1802> 大林組           943     -8 -0.28
<2269> 明治HD          7170     -40 -0.28
<4902> コニカミノルタ     607     -7 -0.25
<1812> 鹿島           1447     -10 -0.18
<9531> 東ガス          2005   -24.5 -0.17
<1801> 大成建          3620     -20 -0.14
<5803> フジクラ         644     -4 -0.14
<9532> 大ガス          1992     -17 -0.12
<7911> 凸版印          1853     -4 -0.07
<6361> 荏原           5680     -10 -0.07
<9001> 東武           2860     -6 -0.04
<9502> 中部電          1311     -11 -0.04
<9503> 関西電          1095     -10 -0.04



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »