株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本製鉄など鉄鋼株は売り優勢、IMF世界経済見通し引き下げで景気敏感セクターに逆風◇ 10月13日13時00分

 日本製鉄<5401.T>、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T>など鉄鋼株が売りに押される展開となっている。両銘柄とも前日まで3日続伸と戻り歩調にあったが、きょうはリスク回避の売りに下値を試す展開。前日にIMFが世界の経済見通しを下方修正したが、米国の経済成長率については、前回から1.0ポイントの大幅な引き下げとなった。これを受けて前日の米国株市場では景気敏感株が売られ全体指数を押し下げており、東京市場でも同様にグローバル景気に敏感な鉄鋼セクターには売り圧力が強まる形となった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ビリングシスは朝安後切り返す、ソフトバンクが「PayB」採用◇
ANAPが高い、22年8月期営業利益は黒字転換見通し
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位に郵船


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »