株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JTは異彩の新値街道、高配当利回りとたばこの値上げ余地に着目 10月14日10時18分

 JT<2914.T>が強調展開を続けておりマーケットで注目を集めている。株価はきょうで5日続伸となり、連日の年初来高値更新と気を吐いている。たばこ事業は国内で逆風が強いものの英国など海外で需要を伸ばしており、21年1~6月期はトップラインが前年同期比11%増と2ケタ増収を確保し、営業利益も3割近い伸びで3220億円と好調だった。通期計画に対する進捗率も営業利益段階で80%に達している。世界的に川上インフレで企業のコストアップに警戒ムードが高まるなか、「たばこは国内でも数少ない値上げしやすい商品であり、その点同社には優位性がある。また、配当利回りが5.7%前後と際立って高いことから機関投資家などの買いが入っているのではないか」(国内証券アナリスト)とする。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<10月13日の年初来高値更新銘柄> 10月14日
東京株式(大引け)=90円安、世界経済の減速を警戒し続落
Gunosy急伸、6~8月期経常利益75%減益も上期計画を超過


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »