株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ベクトルが22年2月期営業利益及び配当予想を上方修正 10月15日17時19分

 ベクトル<6058.T>がこの日の取引終了後、22年2月期の連結業績予想について、営業利益を40億円から48億円(前期比2.1倍)、純利益を10億円から20億円(同4.1倍)へ上方修正した。

 新規事業への投資が抑制されることから、売上高は477億円から455億円(同22.1%増)へ下方修正したものの、既存事業が堅調なことや、上期にダイレクトマーケティング事業における新規顧客獲得に向けた広告宣伝費の投下を一時的に抑えたことが寄与する。

 なお、第2四半期累計(3~8月)決算は、売上高219億3300万円(前年同期比24.2%増)、営業利益22億9900万円(同3.9倍)、純利益6億2200万円(前年同期11億8200万円の赤字)だった。

 業績予想の修正に伴い、4円を予定していた期末一括配当予想を8円に引き上げた。前期実績に対しては6円の増配になる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
15日中国・上海総合指数=終値3572.3662(+14.0867)
<個人投資家の予想> 10月15日 16時
ベイカレント、3~8月期大幅増収増益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »