株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は79円安でスタート、レーザーテックやベイカレントが売られている 10月18日12時54分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28989.28;-79.35TOPIX;2016.12;-7.81


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前営業日比79.35円安の28989.28円と前引け値(28987.66円)とほぼ変わらずの水準から取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き45億円の買い越しとの観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、28980円を中心とした概ね横ばいでの推移。前場の日経平均は、一時プラス圏に浮上する場面もあったものの、結局は再び弱含む展開。後場の日経平均は、売り込む流れにはならないものの、中国株や香港株も軟調で手掛かり材料に欠けるなか、引き続き積極的な動きは見られていない。

 売買代金上位では、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、INPEX<1605>、デンソー<6902>、JFE<5411>などが堅調。レーザーテック<6920>、ベイカレント<6532>、ソニーグループ<6758>、マネーフォワード<3994>などが売られている。業種別では、医薬品、水産農林、食料品などが下落率上位で推移する反面、鉱業、非鉄金属、輸送用機器が強い値動きに。


<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »