株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大東建の上期業績は計画を上回って着地 10月18日15時51分

 大東建託<1878.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が7600億円から7810億円(前年同期比6.3%増)へ、営業利益が500億円から620億円(同19.8%増)へ、純利益が340億円から430億円(同16.4%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 工事の進捗が想定よりも進んでいることに加えて、好調な入居率を背景に一括借り上げ事業収入が増加していることなどが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フクビの熱可塑性炭素繊維複合材製造プロセスの開発がNEDOの省エネルギー技術研究開発事業に採択
南陽が22年3月期業績及び配当予想を上方修正
東京株式(大引け)=43円安、前週後半の急騰の反動で反落


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »