株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インバウンドテックが予約プラットフォーム展開のEPARKと合弁事業契約 10月18日17時21分

 インバウンドテック<7031.T>は取引終了後、飲食店・医療施設を中心とした予約プラットフォーム展開の国内大手であるEPARK(東京都港区)と合弁事業契約を締結し、その100%子会社で音声予約・通話システム開発・運営のOmniGrid(東京都豊島区)を子会社化すると発表した。

 クラウドをベースとした安定収益と音声技術の開発ノウハウを取得するとともに、これをきっかけに広範な顧客基盤を持つEPARKと合弁事業を展開することで、コロナ後のインバウンド需要へのアプローチ先を確保することが目的。24時間多言語コンタクトセンターや、インバウンドテックが開発する人工知能(AI)などを利用した新規サービスのビジネスシナジー(相乗効果)の創出を目指すとしている。取得価額は9億4450万円で、発行済み株数の65%を11月1日に取得する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Casaが物件管理サービス拡充で「COSOJI」のRsmileと業務提携
CINCの公開価格は3080円に決定、10月26日マザーズ市場に新規上場
明日の株式相場に向けて=半導体関連の中小型株に照準


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »