株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SUBARU---急落、10月の減産拡大報道などで利食い売り 10月19日13時54分

SUBARU<7270>は急落。10月の国内生産を当初計画の約6.4万台から4万台へと4割程減産する見通しであると伝わっている。世界的な半導体の供給不足、新型コロナウイルスの影響で東南アジアからの部品調達に支障が出ているもよう。11月の減産幅は10月に比べて縮小しそうなものの、当初計画からは2割程度減産の見込みとされている。これまでのトヨタの減産報道などを背景に概ね織り込み済みとも思われるが、直近の急連騰の反動もあり、利食い売りのきっかけにつながる形へ。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »