株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(寄り付き)=買い先行、ナスダック高と円安が追い風 10月19日09時04分

 19日の東京株式市場は買い先行、寄り付きの日経平均株価は前営業日比91円高の2万9117円と反発。

 前日の米国株市場では景気敏感株中心に軟調なものが目立ちNYダウが小幅ながらマイナス圏で着地、後半下げ渋ったものの朝方は下げがきつかった。これを受けて東京市場でも買い手控えムードが強まりやすいが、外国為替市場で1ドル=114円台前半の推移とドル高・円安トレンドにあることは半導体関連や電子部品など輸出セクターに追い風となる。米株市場でハイテク株比率が高いナスダック総合指数が4日続伸していることもポジティブ材料。ただ、前日発表された中国の7~9月期GDPが5%を下回ったことが欧米株市場でも警戒されている。恒大集団の資金繰り問題も懸念されるなか、東京市場でも中国関連に位置する銘柄群には売り圧力が生じやすい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
19日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万9040円(+115円)
19日の株式相場見通し=続落か、中国景気減速への警戒感で上値重い
明日の株式相場に向けて=半導体関連の中小型株に照準


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »