株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数の戻り鮮明、時価総額上位の主力株買われ長短移動平均線越え◇ 10月19日13時34分

 東京市場は投資家心理の改善を背景に日経平均が上値指向をみせているが、個人投資家の参戦が活発な東証マザーズ市場では、マザーズ指数が一時2%前後の上昇をみせるなど一段と戻り足を際立たせている。マザーズ指数は1120台で収れんする25日・75日移動平均線を上回る水準まで浮上、日足一目均衡表でも雲の上で下値を切り上げる展開となっており「再び個人投資家の資金の回転が利き始めている」(中堅証券マーケットアナリスト)という。マザーズ市場で時価総額トップのメルカリ<4385.T>をはじめJMDC<4483.T>、JTOWER<4485.T>といった銘柄が大きく買われ全体相場の押し上げに貢献している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 10月19日 13時
セキドが後場上げ幅を拡大、第4回新株予約権の停止指定を決定
債券:20年債入札、テールは6銭で応札倍率2.69倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »