株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オンコリス、中外薬と「テロメライシン」に関する契約解消へ◇ 10月19日18時03分

 オンコリスバイオファーマ<4588.T>はこの日の取引終了後、がんのウイルス療法「テロメライシン」に関し、中外製薬<4519.T>と結んでいるライセンス契約を解消すると発表した。

 この契約は最長2022年10月まで有効で、正式解約日は今後協議の上決定される見通し。会社側では、24年をメドに独自でテロメライシンの国内の承認申請を目指す方針で、日本以外の地域に関しては米国で実施中の臨床試験を推進させるとともに、新たなライセンス契約の締結を目指すとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オンコリスがウリ気配スタート、中外薬と「テロメライシン」に関する契約解消へ◇
東京株式(寄り付き)=続伸、NYダウ上昇と円安を受け買い先行
◎19日の欧米経済指標


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »