株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイトーケミは大幅高、半導体フォトレジスト用感光性材料の需要拡大に期待 10月19日10時44分

 ダイトーケミックス<4366.T>は大幅高、一時95円高と値を飛ばし1400円台まで駆け上がる場面があった。米国株市場でハイテク系グロース株への買い戻しが目立ち、半導体関連株に資金還流する動きが顕著となっている。前日はエヌビディア<NVDA>やザイリンクス<XLNX>、アプライド・マテリアルズ<AMAT>などが高く、全体指数に貢献した。東京市場でも好業績で株価的にも休養十分な半導体関連の中小型株に物色の矛先が向いている。感光性材料のトップメーカーである同社は、半導体集積回路製造用のフォトレジストに使用される感光性材料を提供しており、現在の相場の流れに乗っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場に向けて=半導体関連の中小型株に照準
GMOメディは小反落、21年12月期見通し上方修正も反応限定的
フューチャーが反発、全日本食品の基幹システムをクラウド化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »