株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

いちよしが後場プラス圏に浮上、受益証券の募集手数料の増加で第2四半期営業損益は黒字転換 10月19日13時21分

 いちよし証券<8624.T>が後場プラス圏に浮上している。正午ごろ、非開示としていた22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結決算の速報値を発表しており、営業収益101億2000万円(前年同期比25.6%増)、営業損益18億3600万円の黒字(前年同期3億8000万円の赤字)、最終損益15億100万円の黒字(同3億4200万円の赤字)と大幅増益となったことが好感されている。

 取り組み中の「改革の断行」の成果が出たほか、受益証券の募集手数料や株式の委託手数料が増加したことなどが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
北の達人は4日続伸、トリプルケアで発毛促進をアプローチする「モウダス」シリーズを発売
テクマトが反発、しんきん証券に「Apreccia4」が採用
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »