株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

TKPが続落、国内有力証券は「買い」継続も目標株価を引き下げ 10月19日14時21分

 ティーケーピー<3479.T>が続落。SBI証券は18日、投資判断「買い」を継続した一方で、22年2月期から24年2月期までの営業利益予想を下方修正し、目標株価を3570円から3100円へ引き下げたことが嫌気されている。

 SBIでは、上期(3~8月)は傘下の日本リージャスが展開するレンタルオフィスの稼働率低下により5億円の営業損失(前年同期比では15億円改善)となったが、貸会議室の坪あたり売上高の回復などによって、第2四半期(6~8月)は営業黒字に転換していると注目。コロナ禍の影響による回復遅れから22年2月期以降の業績予想を引き下げるものの、24年2月期には会社基準EBITDA(のれん償却費などを含む)が20年2月期の過去最高益水準に回復すると予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
シノブフズが後場急伸、新規カフェチェーンとの取引開始寄与し22年3月期業績予想を上方修正
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
住友ベが4日続伸、低VOC完全水溶性フェノール樹脂を開発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »