株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

協和キリン---75日線での強弱感対立もシグナルは好転しつつある 10月20日11時45分

続伸。9月27日につけた4240円をピークに調整を続け、10月5日にはマドを空けての下落で75日線を割り込んだ。その後は同線が上値抵抗線として意識される一方で、3600円水準での底堅さが意識されるなか、75日線を突破する場面が見られている。強弱感が対立しやすい水準ながら、一目均衡表では雲下限での攻防から、雲上限を捉えてくるなどシグナルは好転しつつある。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »