株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ブイキューブやソニーGなどに注目 10月21日09時11分

20日の米国市場ではNYダウが152.03ドル高の35609.34、ナスダック総合指数が7.41pt安の15121.68、シカゴ日経225先物が大阪日中比20円高の29300円。21日早朝の為替は1ドル=114.30-40円(昨日午後3時は114.54円)。本日の東京市場では、1.66%と約5カ月ぶりの高値水準を更新した米10年債利回りを追い風に三菱UFJ<8306>、東京海上HD<8766>、野村HD<8604>など金融関連株が堅調に推移しよう。政府の「Go To トラベル」再開方針で昨日買われたJR東日本<9020>、JAL<9201>、エアトリ<6191>、串カツ田中<3547>などのアフターコロナ関連銘柄も利益確定売りをこなしながらも、しっかりとした動きが予想される。一方、東エレク<8035>やキーエンス<6861>などのハイテク株や、エムスリー<2413>、ファーストリテ<9983>などのグロース(成長株)株は金利上昇が重しとなりやすいだろう。大引け後の情報開示銘柄では、2022年3月期の最高益予想をさらに上方修正したコア<2359>や株主優待制度の導入を決めたコーユーレンティア<7081>に関心が向かいそうだ。反面、22年3月期業績予想を下方修正したカカクコム
<2371>は軟調が予想される。そのほか、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたブイキューブ<3681>、OLC<4661>、ソニーG<6758>、IDOM<7599>、キヤノン<
7751>、レオパレス21<8848>などにも引き続き注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »