株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米減速に警戒も引き締め期待継続 10月21日17時25分

21日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米国の経済指標が低調な内容なら減速が警戒され、金利高は一服する見通し。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め期待は根強く、ドルは下げづらい値動きとなりそうだ。

前日の取引でドル・円は日中に3年11カ月ぶりの高値圏となる114円70銭まで値を上げたが、欧米市場ではその反動でドルに下押し圧力が強まった。一方、米20年債入札後に長期金利が持ち直し、ドル・円は114円30銭付近に戻した。本日アジア市場は原油高による日本経済への影響が懸念され、日経平均株価の軟調地合いを手がかりに正午にかけて円買いが優勢に。ただ、米金利高によるドル買いで、ドル・円は下げ渋った。

この後の海外市場では、引き続き米金融政策がテーマ。今晩発表の米経済指標は新規失業保険申請件数とフィラデルフィア連銀製造業景況指数、景気先行指数がいずれも前回から悪化する見通し。前週の小売売上高は堅調だったものの、米国経済の減速が意識されやすい。ただ、11月2-3日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBは引き締め方針を強めるとの市場観測が根強い。そのため、米金利が上昇基調を維持し、ドルは下げづらい展開となろう。

【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:29.7万件、前回:29.3万件)
・21:30 米・10月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:25.0、9月:30.7)
・22:00 ウォラー米FRB理事オンライン討論会参加(米国経済)
・23:00 米・9月景気先行指数(前月比予想:+0.4%、8月:+0.9%)
・23:00 米・9月中古住宅販売件数(予想:609万戸、8月:588万戸)
・23:00 ユーロ圏・10月消費者信頼感指数速報値(予想:-5.0、9月:-4.0)
・EU首脳会議(22日まで)




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »