株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:レンティアは年初来高値、アールプランナーが大幅に続伸 10月21日15時43分

<2480> シスロケ 1737 +109
大幅に3日続伸。22年3月期の営業利益を従来予想の5.08億円から5.20億円(前期実績4.36億円)に上方修正している。自動車流通業界向けの各種支援システムの需要が堅調だったため。また、連結子会社の株式譲渡で子会社株式売却益が発生したことから、純利益予想も3.44億円から4.00億円(同3.91億円)に引き上げた。5日に直近安値(1530円)を付けて以降、株価が上昇基調にあることも買い意欲を刺激しているようだ。

<4381> ビープラッツ 1465 +44
大幅に反発。主力製品のサブスクリプション統合プラットフォーム「Bplats」で新機能「契約書作成機能」をアドビの「Adobe Sign」と連携させて提供すると発表している。サービス利用者と事業者が契約内容を自動で「契約書」としてPDF作成し、オンライン上で確認できる。Adobe Signと連携することにより、PDF作成した契約書に電子サインすることで一気通貫で契約行為を完結可能としている。

<9241> FLN 2177 +21
大幅に5日ぶり反発。地域商店や自治体が効果的なローカルウェブマーケティングを実施できるサービス「まいぷれアナライザー」をリリースしたと発表している。Googleが提供する店舗・施設情報の管理サービス「Googleマイビジネス」を分析し、効果的に運用するためのサポートツール。分かりやすいデータ分析でやるべきことを可視化し、スマートフォンで効果的なローカルウェブマーケティングが実施できるという。

<7081> レンティア 1817 +147
年初来高値。新たに株主優待制度を導入すると発表している。「コーユーレンティア・プレミアム優待倶楽部」を新設し、毎年12月末現在の株主を対象に保有株数や保有期間に応じて株主優待ポイントを贈呈する。ポイントを使って特設サイトに掲載されている2000種類以上の商品から好みの商品を選べるほか、共通株主優待コイン「WILLsCoin」との交換が可能。保有初年度の優待ポイントは、300-399株で3000ポイント(3000円相当)。

<2586> フルッタ 164 +5
大幅に反発。11月16日午前11時からメディア向けWEB説明会を開催すると発表し、期待が広がっている。内容はトロント大学との共同研究やアサイーの造血機能性に関する研究のほか、中期事業5カ年計画。フルッタフルッタは9月14日、新型コロナウイルスが引き起こすサイトカインストームに対する抗炎症に関するトロント大学との共同研究や独自の造血機能性研究に関する取り組みについて発表すると予告していた。

<2983> アールプランナー 5290 +560
大幅に続伸。注文住宅ブランド「Fの家」が日本デザイン振興会が主催する21年度グッドデザイン賞を受賞したと発表している。受賞に合わせ、紹介サイトをリニューアルした。受賞とサイトリニューアルでブランド価値が高まるとの期待から買われているようだ。また、アールプランナー株は18日に直近高値(4950円)を付けた後は値を下げており、押し目買いも入っているとみられる。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »