株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Aバランスは反発、子会社が太陽光発電事業者を買収へ 10月21日09時42分

 Abalance<3856.T>が反発している。同社は20日取引終了後に、子会社のバローズが太陽光発電事業を手掛けるカンパニオソーラー(大阪府吹田市)を買収すると発表しており、これが材料視されているようだ。

 この買収は、カンパニオソーラーが保有する太陽光発電所を一括して取得し、ストック型ビジネスの更なる推進を目的とするもので、株式譲渡実行日は10月29日を予定。取得する太陽光発電所は、一般家庭の約870世帯分の消費電力に相当する年間予定消費量4000メガワット時で、買収による初年度売電収入は約1億6000万円を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三井物など総合商社株が堅調、WTI原油が7年ぶりの高値水準に上昇◇
ビープラッツは反発、「Bplats」の「契約書作成機能」が「Adobe Sign」と連携
<個人投資家の予想> 10月21日 09時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »