株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SEHIは高値更新後マイナスに転じる、22年3月期業績予想の上方修正発表も利益確定売り 10月22日10時02分

 SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ<9478.T>が軟調。21日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を64億7000万円から66億円(前期比4.5%増)へ、営業利益を8億3000万円から10億4000万円(同12.6%増)へ、純利益を5億5000万円から6億7000万円(同16.9%増)へ上方修正し、これを受けて年初来高値を更新したものの、その後は利益確定売りに押されている。

 上方修正は、上期において出版事業、ソフトウェア・ネットワーク事業及び教育・人材事業が計画を上回って推移していることが要因。また、全社的なオンラインビジネスの推進や業務環境のオンライン化、リモートワークの促進などに取り組んだことで利益率が向上したという。

 同時に、上限を40万株(発行済み株数の1.82%)、または1億円とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は10月22日から11月30日までで、経済情勢の変化に対応した機動的な経営を遂行できるようにするためとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
SEHIが22年3月期業績予想の上方修正と自社株買いを発表
<注目銘柄>=GMO-FH、ビットコイン価格上昇を追い風に上値トライへ
タカラバイオが反発、PCR試薬伸び上期業績は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »