株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

横浜魚類が反発、上期業績は計画下振れ着地もアク抜け感強まる 10月22日13時38分

 横浜魚類<7443.T>が反発している。21日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)単独業績について、売上高が99億円から91億2500万円(前年同期比38.6%減)へ、経常利益が2000万円から1100万円(同86.4%減)へ下振れて着地したようだと発表したが、アク抜け感から買われているようだ。

 新型コロナウイルス感染症拡大による経済活動の制限の長期化で、外食需要が減少したことが要因。また、水産物の仕入れ値上昇による利益率の悪化なども響いた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 10月22日 13時
モバファクが後場マイナスに転じる、21年12月期第3四半期営業利益は11%減
モリ工業は後場急伸、販価引き上げ効果で22年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »