株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

栗田工が22年3月期最終利益予想を下方修正 10月22日16時29分

 栗田工業<6370.T>がこの日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、最終利益を211億円から180億円(前期比5.7%減)へ下方修正した。

 顧客の設備投資や工場稼働率が堅調であり、電子産業分野の需要堅調が見込まれることに加えて、為替レートが期初想定よりも円安水準で推移していることから、売上高は2760億円から2890億円(同7.9%増)へ上方修正した。ただ、原材料価格の上昇などによる原価率の悪化や販管費の増加を見込むことに加えて、米子会社ペンタゴン・テクノロジーズ・グループの非支配株主と締結した先渡契約に係る負債の事後測定(公正価値評価)を行った結果、上期に金融費用を36億円計上するため、最終利益を下方修正するという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
デザインワンがイー・ネットワークスを子会社化
東京製鉄が22年3月期業績及び配当予想を上方修正
22日韓国・KOSPI=終値3006.16(-1.17)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »