株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般小やすい、シカゴは大阪比140円安の28730円~ 10月25日07時52分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、オムロン<6645>、セコム<9735>、AGC<5201>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル113.5円換算)で全般小やすい。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円安の28730円。

ダウ平均は73.94ドル高の35,677.02ドル、ナスダックは125.50ポイント安の15,090.20で取引を終了した。中国恒大のドル建て債利払い実施による短期的な破たんリスク後退で安心感が広がり、寄り付き後、上昇。10月PMIの上昇も手伝いダウは日中取引で一時史上最高値を更新した。しかし、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が討論会でインフレのリスクに言及すると早期の利上げ観測が強まりダウは下落に転じた。引けにかけては好決算を受けた買いが再燃し、再び上昇し終了。ハイテク株は売られナスダック総合指数は下落した。

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円92銭から113円41銭まで下落し、113円49銭で引けた。パウエルFRB議長が、量的緩和策の段階的な縮小(テーパリング)を開始し、2022年中旬に終了する道のりであることを確認したほか、高インフレが想定以上に長期化するリスクに言及したため、ドル買いが一時強まった。その後、パウエル議長が早期の利上げを否定し、FRBの急速な利上げは景気を停滞させるとの懸念も浮上したことから、長期金利は再び低下し、利回り曲線は平坦化したことから、ドル売りが再燃した。ユーロ・ドルは1.1656ドルまで上昇後、1.1622ドルまで反落し、1.1643ドルで引けた。

22日のNY原油先物12月限は反発(NYMEX原油12月限終値:83.76 ↑1.26)。


■ADR上昇率上位銘柄(22日)
<7912> 大日印 12.52ドル 2842円 (24円) +0.85%
<8053> 住友商 14.18ドル 1609円 (10円) +0.63%
<7741> HOYA 153.75ドル 17451円 (91円) +0.52%
<8306> 三菱UFJ 5.77ドル 655円 (2.3円) +0.35%
<4704> トレンド 56.02ドル 6358円 (18円) +0.28%

■ADR下落率上位銘柄(22日)
<6460> セガサミーHD 3.58ドル 1625円 (-41円) -2.46%
<6952> カシオ 143.75ドル 1632円 (-31円) -1.86%
<8359> 八十二 33.85ドル 384円 (-7円) -1.79%
<6753> シャープ 2.97ドル 1348円 (-24円) -1.75%
<6361> 荏原 26.55ドル 6027円 (-103円) -1.68%


■その他ADR銘柄(22日)
<1925> 大和ハウス 32.67ドル 3708円 (-14円)
<1928> 積水ハウス 20.46ドル 2322円 (-0.5円)
<2503> キリン 17.7ドル 2009円 (4円)
<2802> 味の素 29.43ドル 3340円 (-9円)
<3402> 東レ 12.4ドル 704円 (-4円)
<3407> 旭化成 21.35ドル 1212円 (-3円)
<4523> エーザイ 70.74ドル 8030円 (-9円)
<4901> 富士フイルム 78.05ドル 8859円 (6円)
<4911> 資生堂 65.04ドル 7382円 (19円)
<5108> ブリヂストン 22.36ドル 5075円 (-26円)
<5201> AGC 9.94ドル 5641円 (-59円)
<5802> 住友電 13.43ドル 1524円 (-2円)
<6301> コマツ 25.42ドル 2885円 (-7円)
<6479> ミネベア 49.3ドル 2798円 (-17円)
<6503> 三菱電 27.76ドル 1575円 (-8.5円)
<6586> マキタ 49.72ドル 5644円 (-16円)
<6645> オムロン 93.32ドル 10592円 (-28円)
<6702> 富士通 37.88ドル 21497円 (7円)
<6723> ルネサス 6.07ドル 1379円 (-12円)
<6758> ソニーG 112.97ドル 12822円 (7円)
<6762> TDK 34.46ドル 3911円 (-4円)
<6902> デンソー 34.28ドル 7782円 (-11円)
<6954> ファナック 21.37ドル 24255円 (-140円)
<6988> 日東電 35.16ドル 7981円 (-39円)
<7201> 日産自 10.29ドル 584円 (-3.2円)
<7202> いすゞ 13.07ドル 1483円 (-14円)
<7203> トヨタ 173.4ドル 1968円 (-15.5円)
<7267> ホンダ 29.92ドル 3396円 (-21円)
<7270> SUBARU 9.98ドル 2265円 (-10.5円)
<7733> オリンパス 22.04ドル 2502円 (-6円)
<7741> HOYA 153.75ドル 17451円 (91円)
<7751> キヤノン 25.12ドル 2851円 (3.5円)
<7912> 大日印 12.52ドル 2842円 (24円)
<7974> 任天堂 54.86ドル 49813円 (-207円)
<8001> 伊藤忠 56.6ドル 3212円 (-38円)
<8002> 丸紅 83.55ドル 948円 (-1円)
<8031> 三井物 453.16ドル 2572円 (-2.5円)
<8053> 住友商 14.18ドル 1609円 (10円)
<8306> 三菱UFJ 5.77ドル 655円 (2.3円)
<8309> 三井トラスト 3.39ドル 3848円 (-12円)
<8316> 三井住友 6.77ドル 3842円 (-23円)
<8411> みずほFG 2.68ドル 1521円 (-9.5円)
<8591> オリックス 94.79ドル 2152円 (4円)
<8604> 野村HD 4.84ドル 549円 (-5円)
<8766> 東京海上HD 53.73ドル 6098円 (-5円)
<8802> 菱地所 15.38ドル 1746円 (-8.5円)
<9432> NTT 27.48ドル 3119円 (-1円)
<9735> セコム 17.26ドル 7836円 (-27円)
<9983> ファーストリテイ 64.02ドル 72663円 (-117円)
<9984> ソフトバンクG 29.01ドル 6585円 (-25円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »