株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JASDAQ平均は反落、インフレ懸念や国政不透明感で売り優勢 10月25日16時47分

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3,995.29 -9.97/出来高 7825万株/売買代金 472億円
J-Stock Index 4,057.06 -22.61


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、J-Stock Indexはそろって反落、JASDAQ-TOP20は小幅に続伸した。値上がり銘柄数は240(スタンダード227、グロース13)、値下り銘柄数は320(スタンダード307、グロース13)、変わらずは69(スタンダード59、グロース10)。
 本日のJASDAQ市場は軟調な展開となった。前週末22日の米株式市場のダウ平均は反発。中国恒大のドル建て債利払い実施による短期的な破たんリスク後退で安心感が広がったほか、10月購買担当者景気指数(PMI)の上昇や企業の好決算も手伝い、史上最
高値を更新した。一方、インテルやスナップチャットなど決算を受けた一部銘柄の急落を背景にナスダック総合指数は反落。米ハイテク株安を受け、JASDAQ平均は反落してスタートすると、じりじりと下げ幅を拡げた。引けにかけては下げ幅を縮小したものの、終日マイナス圏での推移となった。米長期金利の上昇はひとまず一服したものの、週末の米連邦準備制度理事会(FRB)パウエル議長によるインフレリスクへの言及や、歴史的な高値圏での推移を続ける期待インフレ率の指標を背景に、金利先高観が拭えず新興株の重しとなった。また、参議院静岡選挙区補欠選挙での自民党候補敗北を受けて日経平均などが下げ幅を拡げたことも投資家心理を悪化させた。そのほか、新興市場でも今後企業の決算発表が本格化するほか、週末には衆院選投開票が控えており、積極的な買いが手控えられた。
 個別では、前週末から売り優勢の展開が続いているルーデン<1400>が10%安で値下がり率トップに、22年3月期第2四半期の営業利益予想を上方修正するも材料出尽くし感から売られたNITTOKU<6145>が8%安となった。時価総額上位では、フクダ電子<6960>やハーモニック<6324>などが冴えなかった。値下り率上位には植松商会<9914>、タンゴヤ<7126>、シー・エス・ランバー<7808>などが顔を出した。
 一方、NFT技術を用いたゲーミングアプリケーションの提供に向けた基本合意書を締結したピクセルカンパニーズ<2743>が47%高で値上がり率トップに、メタバースファッション事業に進出すると発表したシーズメン<3083>が26%高のストップ高となった。また、国内証券会社がレーティングを引き上げたフェローテク<6890>が10%高、時価総額上位銘柄では東映アニメ<4816>が堅調だった。値上がり率上位にはCAICA<2315>、応用技術<4356>などが顔を出した。
 JASDAQ-TOP20では、セプテーニHD<4293>、ハーモニック、ユビAI<3858>などが下落した。


[JASDAQ市場 上昇率・下落率上位10銘柄]

・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 2743|ピクセル       |   78|   25|    47.17|
2| 3083|シーズメン      |   381|   80|    26.58|
3| 2315|CAICA      |   206|   30|    17.05|
4| 4356|応用技術       |  5830|   630|    12.12|
5| 6890|フェローテク     |  3680|   350|    10.51|
6| 6663|太洋工業       |   553|   52|    10.38|
7| 6898|トミタ電機      |  2249|   145|     6.89|
8| 3035|KTK         |   487|   27|     5.87|
9| 5542|報国鉄         |  1352|   62|     4.81|
10| 4235|UFHD       |  1993|   88|     4.62|

・値下がり率上位10位
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 1400|ルーデン       |   293|   -34|   -10.40|
2| 9914|植松商         |   708|   -70|    -9.00|
3| 6145|NITTOKU   |  3960|  -365|    -8.44|
4| 7126|タンゴヤ       |  2334|  -170|    -6.79|
5| 7808|CSランバー     |  3200|  -200|    -5.88|
6| 1783|アジアGTHD   |   81|   -5|    -5.81|
7| 7426|山大          |  1415|   -87|    -5.79|
8| 7585|かんなん       |   740|   -44|    -5.61|
9| 9867|ソレキア       |  5290|  -300|    -5.37|
10| 2173|博展          |   532|   -25|    -4.49|

[J-Stock Index構成銘柄 上昇率・下落率上位10銘柄]

・値上がり率上位10位
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 2315|CAICA      |   206|   30|    17.05|
2| 6890|フェローテク     |  3680|   350|    10.51|
3| 4235|UFHD       |  1993|   88|     4.62|
4| 7777|3Dマトリクス   |   286|   10|     3.62|
5| 4080|田中化研       |   972|   28|     2.97|
6| 2146|UTGROUP   |  3605|   95|     2.71|
7| 4582|シンバイオ      |  1002|   26|     2.66|
8| 3150|グリムス       |  2715|   61|     2.30|
9| 2471|エスプール      |  1264|   21|     1.69|
10| 6787|メイコー       |  3055|   50|     1.66|

・値下がり率上位10位
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 6145|NITTOKU   |  3960|  -365|    -8.44|
2| 6864|エヌエフHD     |  1411|   -59|    -4.01|
3| 3264|アスコット      |   193|   -8|    -3.98|
4| 4293|セプテーニHD   |   434|   -16|    -3.56|
5| 6324|ハーモニック     |  5320|  -150|    -2.74|
6| 6626|SEMITEC   | 11500|  -310|    -2.62|
7| 6312|フロイント      |   853|   -22|    -2.51|
8| 3858|ユビキタスAI   |   580|   -14|    -2.36|
9| 4712|KeyH       |   749|   -15|    -1.96|
10| 7774|J・TEC      |   626|   -12|    -1.88|



<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »