株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

識学は小幅続伸、アイドマHD株売却で投資有価証券売却益を計上◇ 10月25日09時54分

 識学<7049.T>は小幅続伸している。同社は22日取引終了後、連結子会社である識学1号投資事業有限責任組合が、保有していたアイドマ・ホールディングス<7373.T>の6800株を同日に売却し、投資有価証券売却益4900万円が発生したと発表しており、材料視されている。

 資産の効率化及び財務体質向上のためとし、22年2月期第3四半期(3~11月)連結決算において特別利益として計上する。現時点では、22年2月期業績予想に与える影響は軽微としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
KIMOTO反落、第2四半期営業は黒字浮上も通期計画進捗率38%
フェローテクが大幅逆行高で異彩、半導体設備向け真空シールで需要取り込みへ
25日韓国・KOSPI=寄り付き3001.10(-5.06)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »