株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コクヨは朝高後に反落、1~9月期営業51%増益も利益確定売り優勢 10月26日09時39分

 コクヨ<7984.T>は反落。25日の取引終了後、21年12月期第3四半期累計(1~9月)の決算を発表し、営業利益は前年同期比51.0%増の184億2300万円となった。これを受けて朝方高く始まったものの、その後は目先の材料出尽くし感から利益確定売りが優勢となっている。

 売上高は、同8.1%増の2418億6100万円で着地した。ニューノーマルな働き方に向けたオフィスのリニューアル需要を取り込んだほか、消費者向けでノートや文具を中心とした付加価値の高い学び商材の販売強化などを図った。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
コクヨ、1~9月期営業51%増益
T&Sは急反発、11月30日を基準日として1株を2株に株式分割へ
三菱マが5日ぶりに反発、上場有価証券の売却で投資有価証券売却益203億円を計上へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »