株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イビデンがマドを開けて大幅高、ICパッケージ需要急拡大で新光電工の急騰も刺激◇ 10月27日10時35分

 イビデン<4062.T>がマドを開けて上昇、一時490円高の6770円まで駆け上がる場面があった。世界的な半導体需給の逼迫を受けて、大手半導体メーカーの生産増強の動きが相次いでおり、半導体向けセラミックパッケージの大手メーカーである同社の収益環境に吹く追い風が強い。同社は米インテル<INTC>向けでICパッケージが主軸となっているが、本社のある岐阜県で同社では国内最大面積(敷地)となる工場建設に動くことが報じられている。同社は今週末29日に22年3月期上期(21年4~9月)の決算発表を予定するが、きょうは同業の新光電気工業<6967.T>が前日に22年3月期業績予想の上方修正を発表し、これが好感される形で大幅高を演じており、その流れで好決算先取り狙いの買いがイビデンにも向かっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
新光電工がカイ気配スタート、22年3月期営業2.5倍増益に上方修正
新光電工、22年3月期見通し上方修正
スタンレーが続伸、上期営業利益50%増で着地し自己株取得枠の設定も発表


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »