株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「電気自動車関連」が15位、米テスラ株高と好決算期待が追い風に<注目テーマ> 10月27日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 パワー半導体
3 再生可能エネルギー
4 日経中国関連株50
5 半導体製造装置
6 脱炭素
7 資源開発
8 デジタルトランスフォーメーション
9 旅行
10 2021年のIPO

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電気自動車(EV)関連」が15位となっている。

 米EV大手テスラ<TSLA>の株価が連日高値を更新している。週明け25日に同社の時価総額が初めて1兆ドルを超えたことが話題にのぼり、ここ東京市場でもEV関連株への関心が高まりをみせている。

 こうしたなか、今週から始まった決算シーズンの先陣を切った日本電産<6594.T>の4~9月期決算は大幅増収増益と好調。あわせて通期見通しの上方修正も発表したが、これを受けたきょうの同社株は利益確定売りに押される展開となっている。一方、好決算を発表した田中化学研究所<4080.T>を筆頭にEV関連の中小型株に再び物色が向かっており、日本電解<5759.T>、戸田工業<4100.T>などが買われている。関連中小型株ではこのほか、ダブル・スコープ<6619.T>、ニッポン高度紙工業<3891.T>、ニチコン<6996.T>、三社電機製作所<6882.T>、大泉製作所<6618.T>などが挙げられる。

 また、トヨタ自動車<7203.T>や日産自動車<7201.T>など大手自動車メーカーをはじめ、パナソニック<6752.T>、ローム<6963.T>、三井ハイテック<6966.T>、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>など主要な関連銘柄にも引き続き注目しておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反落、前日急騰の反動とアジア株安も重荷
日本電解の上げ足鮮烈、テスラ高騰でEV関連物色に乗る◇
トヨタが軟調相場で強さ発揮、1ドル114円台の円安が収益上乗せ要因に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »