株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

シマノが急反発、欧米や新興市場向け販売好調で今期3回目の上方修正 10月27日09時27分

 シマノ<7309.T>がマドを開けて買われ急反発している。26日の取引終了後、21年12月期の連結経常利益を従来予想の1286億円から1423億円(前期比74.7%増)へ上方修正すると発表。従来の6期ぶりの最高益予想を更に上乗せする形となり、これが好材料視されている。

 今期業績の上方修正は7月に続き、3回目となる。コロナ禍において自転車や釣りへの高い関心と需要が継続するなか、欧米や新興市場向け販売が好調に推移していることが上振れの要因。また、増産による原価率低減効果も利益を押し上げる。併せて、33万株(発行済み株式数の0.36%)の自社株を11月2日付で消却することも明らかにしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
システムリサは大幅続伸、製造業向け案件の増加で上期経常を上方修正
ホシデンは7連騰と気を吐く、今上期営業利益の大幅増額修正受け上値追い続く◇
松風は大幅高で上場来高値更新、業績見通し一変し営業3割増益予想がサプライズに


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »