株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:セプテーニHDは大幅に続伸、エフアンドエムがストップ高 10月29日17時04分

<4385> メルカリ 6150 -220
大幅に反落。物流サービスの企画・開発・運営を目的として子会社メルロジ(東京都港区)を設立すると発表している。フリマアプリ「メルカリ」の物量や無人投函ボックス「メルカリポスト」を活かし、自社グループで新たな集荷物流網を構築する。また、パートナーと提携してトラックや倉庫などの自社アセットを持たない物流ビジネスを展開していく。新事業開始を好感して朝方は買いが先行したが、その後は利益確定売りに押された。

<8938> グロームHD 1195 +59
大幅高。22年3月期第2四半期累計(21年4-9月)の営業利益を前年同期比25.4%増の1.32億円と発表している。医療関連事業でアライアンス先医療機関の拡大に伴い病床数が1143床増加の5205床に増え、利益を押し上げた。通期予想は前期比58.7%増の6.00億円で据え置いた。低調だった第1四半期(前年同期比9.1%減の0.14億円)に比べ、第2四半期が好調だったことが評価されて買いが入っていたようだ。

<4771> エフアンドエム 1985 +400
ストップ高。22年3月期の営業利益を従来予想の11.23億円から19.71億円(前期実績12.19億円)に上方修正している。アカウンティングサービス事業やコンサルティング事業で上半期の新規顧客や会員の獲得が計画を上回って推移したため。ビジネスソリューション事業で人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」シリーズの拡販が進んだことも利益を押し上げるほか、緊急事態宣言の解除で営業活動が活発化することを織り込んだ。

<6488> ヨシタケ 538 +5
続伸。22年3月期の営業利益を従来予想の5.40億円から7.70億円(前期実績4.56億円)に上方修正している。上半期に非対面型営業を積極的に推進したことが奏功したほか、中国など東アジアや北米への輸出が伸長したため。生産の効率化やコスト削減も利益を押し上げると見込む。併せて期末配当を従来予想の17.00円から21.00円(前期末実績30.00円)に増額修正した。年間配当も同額となる。

<3976> シャノン 1648 +225
年初来高値。子会社のジクウ(東京都港区)が3DCGでバーチャル展示会を実現できるメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」を11月1日から提供すると発表している。ZIKUはバーチャル空間の中を従来の展示会のように来場者が自由に歩き回り、新しい企業を発見したり企業の説明員と音声で会話したりできるサービス。動画配信サービスと連携してWeb講演会や録画済みビデオを配信できるほか、来場者の行動履歴の取得も可能という。

<4293> セプテーニHD 481 +41
大幅に続伸。電通グループ<4324>と資本業務提携すると発表している。電通G子会社の電通ダイレクト(東京都港区)を株式交換で完全子会社化し、電通デジタル(同)を持分法適用関連会社化する。また、電通Gを割当予定先として新株7011万8794株(募集後の持株比率は52.01%)を発行する。調達資金の約322億円は電通デジタルの株式取得などに充てる。セプテーニHDは電通Gの連結子会社となるが、上場は維持する方針。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »