株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

中部電は年初来安値更新、燃料価格上昇など響き今期純利益83%減に下方修正 10月29日10時38分

 中部電力<9502.T>は大幅安。一時8.3%安の1143円まで下落し、約10カ月ぶりに年初来安値を更新した。28日の取引終了後、22年3月期業績予想の修正を発表し、純利益を750億円から250億円(前期比83.0%減)へ大幅に引き下げたことが嫌気されているようだ。

 燃料価格の上昇に伴う期ずれ差損の拡大に加え、グループ会社における卸電力取引市場の価格上昇に伴う電源調達コストの増加などが響く。売上高については、燃料価格の上昇に伴う燃料費調整額の増加などにより、2兆4000億円から2兆5000億円(同14.8%減)へ上方修正した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
武田は売り買い交錯も頑強ぶり発揮、今期最終利益減額も自社株買い評価の買いが勝る
<個人投資家の予想> 10月29日 10時
東競馬は反落、第3四半期2ケタ増収増益も材料出尽くし感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »